新年度になり、本町においても人事異動を実施し、新人職員を迎え新体制となりました。コロナ禍においても町民の皆様の生活をしっかりと守っていくため、職員一丸となって取り組んでまいる所存でございます。

 町民の皆様に、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力をいただいたおかげで、本町の感染者は、3月以降落ち着いております。心から感謝を申し上げます。

 しかしながら、春休みなど年度替わりの時期であることや変異株の影響で、大阪府や兵庫県では新規感染者数が急増しております。緊急事態宣言は解除されたものの、福岡県でもいずれ感染の再拡大はおこることが予測され、ゴールデンウィークの過ごしかたが一つの鍵となってくると考えております。これまでのご苦労を思うと心苦しいのですが、今しばらくは、感染防止対策の継続をお願い申し上げます。

 また、感染拡大を防ぐもう一つの鍵となるワクチン接種については、当初の予定からずいぶんと遅れてしまいましたが、ワクチンが供給される5月上旬までには、75歳以上の皆様へ接種券を送付できる見込みとなっています。
 しかしながら、確保できるワクチンの量がはっきりしておらず、本町においてはクラスター対策のため、高齢者施設や離島である相島での接種を先に開始することとしています。ワクチンの供給状況を見ながら、65歳以上の高齢者のうち、より高齢なかたから順に接種を進めてまいりたいと思います。

 ワクチン接種については、不透明なことが多く、町民の皆様へのお知らせが十分にできておらず、申し訳ございません。順次、広報誌やホームページ等でお知らせいたします。ワクチン接種に関するお問い合わせに対応するコールセンターも開設いたしておりますので、予約方法などご不明な点につきましては、お問い合わせください。

 町民の皆様の健康と生活を守るため、職員ともども精一杯頑張ってまいりますので、本年度もどうぞ御理解と御協力をお願い申し上げます。