令和2年4月7日に発令された緊急事態宣言が、5月31日まで延長されることになりました。町民の皆様、町内事業者の皆様には多大なご協力をいただいておりますこと、まずは心からお礼を申し上げます。ありがとうございます。

 町といたしましても、「小規模事業者応援給付金」の受付を5月7日から開始し、新型コロナウイルス感染症対策の影響で売り上げが大きく減少した事業者を応援しております。また、国が支給する「特別定額給付金(10万円給付)」につきましても、少しでも早く皆様のお手元にお届けできるよう、5月12日から受付を開始し、第1回目の振り込みを5月25日に行なう予定でございます。

 今後の見通しについてですが、現在、本町の感染者数は一桁で収まっており、直近3週間では、新規の陽性者の確認もありません。また、県でも新規の陽性者数等が減少してきており、緊急事態宣言の延長を受け、これまで実施してきた取り組みの継続をお願いするとしながらも、休業や自粛要請の一部を緩和する方向で検討が行なわれています。薬の開発や検査体制の整備も進んできており、まだまだ楽観はできないものの、感染防止に十分に留意しながら社会活動を行なっていく段階になってきたのではないかと考えています。

 しかし、新型コロナウイルスがなくなったわけではなく、感染拡大の危険と隣り合わせの状況に変わりありません。私たち一人ひとりが感染予防の意識を持ち続けることができなければ、感染の大きな第二波、第三波に襲われることは想像に難くありません。

 ゴールデンウィークが終わり、感染者も減ってきて、ほっと気を緩めたいところですが、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの感染予防の基本を忘れず、この難局を乗り越えていきましょう。

 今後とも皆様のご協力を切にお願い申し上げます。