予期せぬ災害に備え、新宮東中学校および新宮ふれあいの丘公園を会場に、新宮町では初めてとなる防災訓練を実施しました。本町に震度6弱の地震が発生したと想定し、各行政区などから約360人のみなさんにお集まりいただきました。訓練では防災講話や配食、福岡市消防局の協力のもとヘリコプターによる支援物資の運搬、新宮町消防団・粕屋北部消防本部による一斉放水などを行ないました。

 訓練にあわせて各事業所様の協力により非常食や災害用マンホールトイレ、避難所に設置されることになる仮設ルーム(プライベートルーム)などの展示も行なうことができ、住民のみなさんに実際にご覧いただく機会となりました。

   会場のひとつである「新宮ふれあいの丘公園」は、災害時には防災活動拠点として使用することを想定しています。今回、実際に防災活動拠点となる場所で訓練することができ、非常に有意義な機会となりました。また、各地域においても「自主防災組織」の活動に取り組んでいただくなど、地域防災力の強化にむけて、町・関係機関・住民で協働して取り組んでいけたらと思います。

 最後になりますが、今回の訓練に協力いただいた福岡市消防局、粕屋警察署、新宮町消防団、粕屋北部消防本部のみなさん、ありがとうございました。また、協賛や展示などで協力いただいた各事業所のみなさん、ありがとうございました。

 

ヘリコプター 配色