九州朝日放送株式会社(KBC)様と、「防災パートナーシップに関する協定書」の締結式を執り行ないました。

 締結この協定は、本町において災害が発生、または発生する恐れがある場合、迅速に災害・防災に関する情報を周知するために報道の力を利用させていただき、また、平常時は災害予防対策のため、災害・防災に関する映像の提供をするなど、防災対策の強化を図るためのものです。

 全国的に災害が相次ぐ昨今、災害への住民の不安を取り除くことが行政の重要な役割と考えておりますが、行政がすべてに対応できるとは限りません。この度の協定は、日本各地での自然災害による傷ましい被害が後を絶たない中、官民一体となった防災体制の確立として、大変意義深いものがあると確信いたしております。

 災害が発生し混乱した状況の中では、災害関連情報への需要が極めて高くなります。新宮町とKBCの「防災パートナーシップ」により、正確な情報を迅速に伝達できるようになり、非常に有益なものになると期待しています。

締結式