新宮町では、毎年7月に「三月間運動」を展開しています。

三月間運動とは、本町における人権課題を次の三つに絞り、町民全体の問題として考えてもらうための運動です。 

同和問題啓発強調月間

 福岡県では、7月を同和問題について考える強調月間と定めています。

 現在も、差別ハガキや落書きなどに加え、インターネット上での悪質な差別事件が起きています。
 誰もが幸せな生活をしたいと願い、同時に、幸せに生活する権利を持っています。しかし、同和問題を正しく理解していない、あるいは無関心なために、幸せな生活をしたいという思いが踏みにじられています。同和問題を解決する第一歩は、このことについて正しく理解することであり、その解決に向けて態度や行動に表すことが大切です。

青少年の非行・被害防止全国強調月間

 次世代を担う青少年が、心身ともに成長することは、社会の責務であり、私たちみんなの願いです。インターネットや携帯電話の普及は、私たちの生活を豊かにし、利便性を向上させた反面、青少年が有害な情報にふれたり、事件や事故に巻き込まれる機会を増大させています。
 このような状況において、青少年の非行や被害を防止するためには、家庭や地域が理解を深め、、行政や学校などの関係機関と一体となった取り組みを行うことが重要です。

社会を明るくする運動月間

 すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、明るい社会を築こうとする全国的な運動です。
 取締りを強化したり、罰したりすることだけではなく、罪を償い、立ち直ろうとすることを、家庭、学校及び職場を含めた地域社会が温かく受け入れることが大切です。

 

この三つの人権課題の他にも、私たちの身近なところで多くの人権課題が存在します。

三月間運動をきっかけに、さまざまな人権課題について考えてみませんか。