新型コロナウイルス感染拡大という緊急事態に、感染への不安やストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

「夜なかなか眠れない」「不安で何も手につかない」などの、「こころの不調」を感じたら、専門機関へ相談しましょう。

こころの健康のために気を付けたいこと

●健康的生活習慣を心がける

 食事や運動、睡眠に気をつけ、規則正しい生活を心がけましょう。

●お酒やたばこに注意する

 自宅時間が長引くことで飲酒量や喫煙量の増加が問題となっています。また、寝酒は睡眠の質を下げ、眠りを浅くするので睡眠には逆効果です。

●ストレスを軽減する方法を実践する

 1日の疲れやストレスをその日に解消できるようなリラックス法をこまめに実践しましょう。

 ・ゆっくりと湯船につかる

 ・読書や音楽、映画鑑賞など、自宅でも楽しめる気分転換の時間をもつ

 ・ストレッチやヨガなど、体を伸ばしてほぐす時間をつくる

 ・夜はゆったりとした時間をもち、寝る前に布団を温めておくなど、くつろいで就眠できるようにする

●人との交流の機会をつくる

 家族や友人とのつながりは、それだけでストレスの軽減やストレスへの抵抗力の向上につながります。

 感染防止対策をとりながら、積極的に交流する機会をもちましょう。

新型コロナウイルス感染症関連の相談窓口

新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症の影響による心の悩みについて、チャット形式で相談できます。

受付時間 平日:18時00分から21時00分まで、土曜日・日曜日・祝日:14時00分から21時30分まで

次の「新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談」をクリックしてください。

新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談  (厚生労働省のページが開きます。)

 こころの相談窓口

こころの健康相談(福岡県精神保健福祉センター)

受付時間 月曜日から金曜日まで(祝日除く):9時00分から12時00分まで、13時00分から16時00分まで

電話 092-582-7400

こころの健康相談(福岡県粕屋保健福祉事務所)

受付時間 月曜日から金曜日まで(祝日除く):9時00分から16時00分まで

電話 092-939-1185