感染症予防のための外出自粛やマスク着用が習慣となっている今、熱中症予防対策が例年以上に大切です。

気温が上がり始める今の季節は、暑さに体を慣らしていく時期ですが、外出自粛で暑さに慣れる機会も減っています。また、マスクを着けていることで体内に熱がこもりやすく、のどの渇きも感じにくくなっています。その上、マスクをしていることにより、水分補給も少なくなりがちです。熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが有効です。

令和3年度の熱中症予防行動

環境省・厚生労働省による、熱中症予防に関する新型コロナウイルス感染症対策が示されました。

(1)日頃から健康管理(体温測定、健康チェック)をしましょう

(2)のどの渇きを感じる前に、こまめに水分や塩分を補給しましょう

(3)帽子、日傘や日陰で暑さを避け、通気性のよい服装を心がけましょう

(4)室温をこまめに確認し、無理をせずに、適度にエアコンを使用しましょう

(5)屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう

 熱中症の症状

以下の症状にお気をつけください。

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐(おうと)

倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

【重症になると】返事がおかしい、意識喪失、けいれん、体が熱い

熱中症が疑われる人を見かけた時の対処法

(1)風通しのよい日陰など、涼しい場所へ移動しましょう

(2)衣服をゆるめ、体を冷やしましょう(首回り、脇のした、足の付け根など)

(3)水分・塩分、経口補水液(下記参照)などを補給する

 経口補水液の作り方

熱中症の徴候を認めた際には、特に塩分と水分が適切に配合された経口補水液が望ましいです。

経口補水液として市販されているものもありますので、急な熱中症の症状に備えて常備しておくと良いでしょう。

【作り方】

(1)砂糖40g(上白糖大さじ4と1/2杯)と食塩2g(小さじ1/2杯)を1Ⅼ(リットル)の水によく溶かす。

(2)果汁(レモンやグレープフルーツなど)を絞ると飲みやすくなります。

(注)飲みすぎると糖分の摂りすぎになります。注意してください。

バランスの良い食事と十分な睡眠をとることも大切です。

熱中症の症状は、発熱や倦怠感など新型コロナウイルス感染症の症状に似ている上に、失神など重症化することもあります。加えて、新型コロナウイルスの対応で緊迫している医療機関にさらなる影響を及ぼすことが心配されます。昨年に引き続き今年も、例年以上に熱中症予防に気を付けましょう。

関連情報

厚生労働省「熱中症関連情報」(外部のページにつながります)

環境省「熱中症予防情報サイト」(外部のページにつながります)

環境省「LINE公式アカウントの登録」(無料)(外部のページにつながります)

環境省LINE公式アカウントを「友だち」登録すると、熱中症警戒アラートのお知らせメールが届きます。また、お知らせメール受け取り以外にも、メニュー画面から熱中症対策に関わる情報が閲覧できるようになります。