1.知って受けよう子宮頸がん検診

・子宮頸がんは子宮の入り口の子宮頸部にできるがん

・女性の20歳代後半以降から発症が増えてくる

・女性がかかりやすいがんの第5位

2.知って受けよう乳がん検診

・乳腺組織にできる乳がんの約9割は母乳を運ぶ乳管にできる「乳管がん」、残りの1割は母乳をつくる小葉にできる「小葉がん」

・女性の40歳代以降から発症が増えてくる

・女性がかかりやすいがんの第1位

3.早期発見が重要!

子宮頸がんも乳がんも、子育てや仕事など家庭や社会で重要な役割の時期にかかりやすい病気です。しかし、早期発見をし、適切な治療をすれば、良好な経過をたどる可能性の高い病気でもあります。「こうすれば、がんにならない!」という予防法はありません。定期的にがん検診を受けることが大切です。1cm(センチメートル)のがんは、約1年から2年をかけて2cmになります。ただし、急激に大きくなるものもあるため、もし異常を感じたら病院を早めに受診しましょう。

4.無料クーポン券を使うとお得です!

子宮頸がん検診は約5,000円、乳がん検診は約8,000円かかる検診ですが、クーポン券を使うと無料で受診することができます。この機会に無料クーポン券を利用して子宮頸がん検診や乳がん検診を受診してみませんか。

対象者

 無料クーポン券の対象は、毎年4月1日の年齢で決められます。対象者には6月中旬頃にクーポン券を発送します。

○子宮頸がん検診
 平成12年4月2日から平成13年4月1日までに生まれた人
○乳がん検診
 昭和55年4月2日から昭和56年4月1日までに生まれた人

 (注)無料クーポン券は「令和3年4月20日」時点の住民票所在市町村が交付します。4月21日以降に新宮町に転入した人は、クーポン券の再交付の手続きが必要です。ページ下部の「再交付について」を参照してください。

クーポン券の使い方

 クーポン券の使い方は(1)医療機関 と(2)町の総合健診 の2通りです。

 (1)医療機関で受診

   医療機関リストはクーポン券に同封しています。事前に予約が必要です。

 (2)町の総合健診で受診

   令和3年度総合健診の日程は、広報6月号に折り込む新宮町総合健診ガイドを確認してください。  

使用期間 

 令和3年7月1日(木)から令和4年1月31日(月)まで

 再交付について

  「クーポン券を紛失した」、「4月21日以降に新宮町に転入した」等の場合、クーポン券の再交付の手続きをしてください。

申請窓口

新宮町福祉センター健康福祉課健康づくり担当
郵便番号:811-0119
所在地:福岡県糟屋郡新宮町緑ケ浜4-3-1
電話番号:092-962-5151
FAX:092-710-8287

必要なもの

本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証など)

(注)プリントアウトが可能な場合は、「令和3年度無料クーポン券再交付申請書」をダウンロードし、記入後窓口もしくは郵送で提出してください。なお、郵送で提出する場合は、事前に福祉センター健康福祉課に電話をしてください。

令和3年度無料クーポン券再交付申請書 [76KB pdfファイル]  

受付時間

月曜日から金曜日の9時00分から17時00分まで(祝、休日を除く)