福岡県では、県民の教育に対する関心と理解を一層深めるとともに、家庭、学校および地域社会が連携して本県の教育の充実と発展を図るため、毎年11月を「ふくおか教育月間」として、教育をテーマとした活動や講演会等が実施される予定です。

コロナ禍においても、子どもたちが、時代の変化を前向きに受け止め、豊かな創造性を備え、自立して生きていくためには、家庭、学校および地域社会が一層連携し、町を挙げて子どもたちを育んでいくことが求められています。

そこで、本町でも11月13日(土曜日)を「教育の日」として、各小中学校でコミュニティ・スクールとしての取り組みを進めます。

今後も、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。