スマートフォン決済の導入について

上下水道料金が令和4年9月26日(月曜日)からスマートフォンアプリ「PayPay」、「LINE Pay」で納付できるようになります。納付書を持って金融機関やコンビニエンスストアに出向くことなく、スマートフォンなどの端末を使ってどこからでも納付できます。 

サービス開始日

令和4年9月26日(月曜日) 

 ご利用できる料金等

水道料金および下水道使用料

(注)下水道事業受益者負担金を支払うことはできません。 

利用方法

事前にPayPayもしくはLINE Payアプリをダウンロードし、利用登録が必要です。
(1)アプリを起動し、アプリのホーム画面にある「スキャン」をタップする
(2)納入通知書のバーコードを読み取る
(3)支払い金額を確認し、「支払う」をタップする
(注)詳細な利用方法は、各アプリの画面をご確認ください。 

利用可能な決済サービス

(1) PayPay(ペイペイ)

PayPayアプリを利用して、残高から支払うことができます。(上限金額30万円)

 詳細は、PayPayホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

(2)LINE Pay(ラインペイ)

LINEアプリまたはLINE Payアプリを利用して残高から支払うことができます。(上限金額49,999円)

 詳細は、LINE Payホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

ご利用の際の注意

〇納付にかかる手数料は無料ですが、通信料は利用者負担です。
〇領収書は発行されません。各アプリの支出画面を確認してください。
〇領収書が必要な人は、金融機関やコンビニエンスストアなどの窓口で支払ってください。
〇1度の決済で支払うことができる金額は、PayPayの場合は30万円まで、LINE Payの場合は5万円未満です。
〇納付期限を過ぎたもの、汚れなどによりバーコードを読み取ることができないものは利用できません。
〇支払い済みの納付書を誤って、金融機関やコンビニエンスストアなどで重複して支払うことがないようにご注意ください。
○アプリでの支払い完了後に、取り消しや変更をすることはできません。