町内において、猫の多頭飼育崩壊や飼い主のいない猫への無責任な餌やりによる深刻なふん尿被害が発生しています。

このような状況から、町では公益財団法人どうぶつ基金が手術費等を全額負担する「さくらねこ無料不妊手術事業」に参加し、地域猫活動を行なうボランティア団体等と連携してTNR事業を行ないます。

さくらねこ無料不妊手術事業とは

飼い主のいない猫に対し「さくらねこTNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊去勢手術を行ない、Return/元の場所に戻す、その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで、繁殖を防止し、「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫に関わる苦情や、殺処分の減少に寄与する活動です。

飼い主のいない猫への無責任な餌やりはやめましょう

近隣住民のふん尿被害だけでなく、不幸な猫を増やしてしまうことに繋がります。

猫の飼い主の皆さまへ

猫は一度の妊娠で多数の子を出産するため、猫が増え続けて飼育が出来なくなると、不幸な猫を増やしてしまうことに繋がります。飼い主はこのようなことにならないためにも不妊去勢手術を行い、責任をもって飼育しましょう。 

事業の詳細

詳しくは次の公益財団法人どうぶつ基金のページをご覧ください。

公益財団法人どうぶつ基金(別ページが開きます)