金融機関での納付(納付書での納付)

口座振替での納付

コンビニエンスストアでの納付

スマホ決済アプリ「PayPay」「LINE Pay」での納付

モバイルレジでの納付

金融機関での納付(納付書での納付)

対象となる金融機関

●新宮町役場内指定金融機関

●次の金融機関の本店・支店等
 福岡銀行・西日本シティ銀行・粕屋農協・北九州銀行・佐賀銀行・福岡県信用組合・みずほ銀行・九州信用漁業協同組合連合会(本店)・遠賀信用金庫・九州労働金庫・九州内のゆうちょ銀行または郵便局(沖縄県を除く)

注意事項

●納付書をなくされた場合は再発行しますので、税務課収納担当までご連絡ください。

●納付された領収書は大切なものですので、5年間保管してください。なお、領収書の再発行はできませんので、ご注意ください。

 

口座振替での納付

町税の納付は、納め忘れがない口座振替が便利です。

口座振替ができる町税

町県民税(普通徴収)・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税

(注)特別徴収(給与天引き)や年金特徴(年金天引き)となっている町県民税は、口座振替ができません。

口座振替するには

次の金融機関または新宮町役場で、納期限の40日前までに申し込み手続きが必要です。 

福岡銀行・西日本シティ銀行・粕屋農協・北九州銀行・佐賀銀行・福岡県信用組合・九州信用漁業協同組合連合会・遠賀信用金庫・九州労働金庫

 (注)ゆうちょ銀行口座からの振替は、新宮町役場で申し込み手続きができません。最寄りのゆうちょ銀行または郵便局で申し込みください。

申し込みに必要なもの

●納税通知書

●預貯金通帳

●通帳口座の届出印

 

コンビニエンスストアでの納付

納付書裏面に記載のコンビニエンスストアであれば、全国どこからでも納付ができます。

納付ができる納付書

●バーコードが印刷されている納付書

●30万円以下の納付書

●納期限が過ぎていない納付書(納期限内の納付書)

 

スマホ決済アプリ「PayPay」「LINE Pay」での納付

納付方法

事前に「PayPay」または「LINE Pay」アプリをダウンロードし、利用登録をしてください。具体的な納付方法は、各アプリの案内に従ってください。

(1)アプリを起動し、端末のカメラで納付書のバーコードを読み取る。

(2)画面に表示された納付金額を確認し、チャージ(入金)する。

(3)支払画面で納付内容を確認し、納付する。

納付できる税目など

30万円以下の納付で、納付期限内の次の税目などが対象です。

町県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税(種別割)、国民健康保険税(普通徴収)、後期高齢者医療保険料(普通徴収)、保育所保育料、保育所利用料、町営住宅使用料、町営住宅駐車場使用料、緊急通報装置利用者負担金、養護老人ホーム入所者徴収金、ホームヘルプサービス負担金

納付できない税目など

水道料金、下水道使用料、下水道事業受益者負担金

(注)カメラで読み取っても、スマホ決済画面に進みません。

【その他】納付対象外となるもの

●納付額が30万円を超えている

●納付期限を過ぎている

●汚れなどによりバーコードを読み取ることができない

注意事項

●納付にかかる通信料は利用者負担です。

●領収書は発行されません。各アプリの支出画面を確認してください。

納付に関する証明書が必要な場合

新宮町役場税務課にて、1通300円(軽自動車車検用納税証明書は無料)で発行しています。詳しくは、内部リンク「納税に関する証明」をご覧ください。

納税に関する証明

スマホ決済アプリのダウンロード・利用方法など

次の各アプリ名及び画像をクリックすると、外部リンクが開きます。

PayPay

PayPayの画像

LINE Pay

LINE Pay画像

 

モバイルレジでの納付

納付書に印刷されたバーコードをスマートフォンなどのカメラで読み取り、インターネットバンキングなどに接続して納付ができます。利用方法やアプリダウンロードなどの詳細は、次の「モバイルレジについて」をクリックしてください。

モバイルレジについて(外部リンクが開きます。)

モバイルレジで納付ができる税目等

町県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税(種別割)、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、保育所保育料、保育所利用料、公営住宅使用料、緊急通報利用者負担金、上下水道料金

利用方法・利用上の注意

●事前に金融機関とのインターネットバンキングなどの契約が必要です。

●モバイルレジで納付すると領収証書が発行されません。通帳記帳やインターネットバンキングなどの取引明細をご確認ください。

●納付にかかる手数料は無料ですが、通信料は利用者負担です。

●モバイルレジの操作方法などは、各金融機関にお問い合わせください。

利用できない納付書

●バーコードがない納付書(金額が30万円以上のもの)

●傷や汚れによりバーコードを読みとることができない納付書

●納期限が過ぎた納付書