環境省が、感染症対策のための家庭ごみの捨て方を示しています。家庭ごみを出すときは、次の5つのことを心がけてください。

その1 ごみ袋はしっかり縛って封をしましよう!

ごみが散乱せず、収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくなります。

その2 ごみ袋の空気を抜いて出しましょう!

収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくし、収集車での破裂を防止できます。    

その3 生ごみは水切りをしましょう!

ごみの量を減らすことができます。

その4 普段からごみの減量を心がけましょう!

購入した食品は食べきるなど、ごみを出さないことも大切です。家庭での食事機会が増える中、料理を楽しみながら、できることがあります。詳しくは、次の「食品ロスポータルサイト(環境省)」をご覧ください。

食品ロスポータルサイト(環境省)(外部リンクが開きます。)

その5 新宮町の分別・収集ルールを確認しましょう!

粗大ごみの持ち込みを停止している場合や、資源物の分け方・出し方が普段と異なる場合などがあります。また、マスクなどごみのポイ捨ては絶対にやめましょう。

通常の新宮町での家庭ごみの捨て方については、次の「新宮町家庭ごみの出し方パンフレット」をご覧ください。

新宮町家庭ごみの出し方パンフレット(内部リンクが開きます。)

 

上記に関する詳細は、次の環境省作成のチラシ及び内部リンクをご覧ください。

家庭ごみを出すときに心がける5つのこと [350KB pdfファイル] 

家庭ごみを出すときに心がける5つのこと(やさしい日本語版) [678KB pdfファイル]  

新型コロナウイルスなどの感染症対策としての家庭ごみ(マスク等)の捨て方 (内部リンクが開きます。)

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader