国民健康保険(国保)を使用して治療を受ける場合は届出が必要です

交通事故や傷害事件などのように第三者(加害者)から受けた傷病は、加害者が被害者の治療費を負担するのが原則ですが、国保で治療を受ける場合には「第三者行為による傷病届」の提出が義務付けられています。交通事故等にあって国保で治療を受ける場合は、窓口にて「第三者行為による傷病届」を提出してください。

また、交通事故等にあって国保で治療を受ける場合は、加害者の負担すべき治療費(一部負担金を除いた額)を国保が一時立てかえることになりますので、後日加害者から返していただくことになります。
手続きについての詳細は、住民課(国保担当)までお問い合わせください。

 

第三者行為による傷病届(様式)

損害保険関係団体との取り決めに係る覚書による様式

損保会社などが代行して届け出る場合の様式です。

第三者の行為による傷病届(覚書様式) [311KB pdfファイル] 

第三者の行為による傷病届(覚書様式)記入例 [373KB pdfファイル] 

被保険者本人が届け出る場合の様式

被保険者(世帯主)本人が届け出る場合の様式です。

(注意)損保会社など代理人に届け出を委任する場合は、上記の「第三者の行為による傷病届(覚書様式)」を使用してください。

第三者の行為による傷病届(本人届出様式) [484KB pdfファイル] 

第三者の行為による傷病届(本人届出様式)記入例 [700KB pdfファイル] 

 

 

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader