11月12日から11月25日までは「女性に対する暴力をなくす運動」実施期間です

 国の男女共同参画推進本部では、毎年11月12日から11月25日までの2週間を「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間として定めており、今年度は「性暴力を、なくそう」をテーマに取り上げます。

 配偶者やパートナー・交際相手からの暴力や、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為といった女性に対する暴力は、加害者、被害者の間柄を問わず女性の人権侵害にほかならないものであり、決して許される行為ではありません。男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題の一つです。この運動をきっかけに、女性に対する暴力や女性の人権尊重について考えてみましょう。

 

パープルリボンとは

 

「パープルリボン」は女性に対する暴力根絶の象徴です。アメリカ・ニューハンプシャー州の小さな町で、近親姦やレイプのサバイバーにより、世界を子どもや暴力の被害者にとってより安全なものとすることをめざして、「パープルリボンプロジェクト」が始まりました。今では、世界中に広がっています。