新宮町は2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」の実現をめざすことを宣言しました。

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの主な成分である二酸化炭素の増加は、主に人間の営みによるもので、様々な気象災害の原因となっています。今、対策をしなければ、将来さらに大きな被害をもたらすことになります。二酸化炭素は、わたしたちの日常生活や事業活動の様式を変えることで削減できますので、ゼロカーボンシティとしての啓発を行ない、住民の皆さま・町内事業者の皆さまとともに、2050年「カーボンニュートラル」の実現に向けた取り組みを行なっていきます。皆様のご理解ご協力をお願いします。