地震は風水害と違って突然起こる恐ろしいもの。あわてず落ち着いて行動することが安全のための第一歩。被害を最小限にとどめるためには普段の心構えと準備が大切です。

地震から身を守る10か条

1.まず自身の安全を確保しましょう

 日頃から、家具など倒れやすいものは留め金や支え棒などで固定しておき、揺れを感じたらテーブルや机の下に身を隠しましょう。

 慌てて外に飛び出すのは危険です。周囲の状況をよく確かめて、落ち着いて行動しましょう。

2.火の始末はすばやく確実に行いましょう

 使用中の火はみんなで声をかけ合い、確実に消しましょう。ただし、揺れが大きい場合には無理をせず安全確保を優先してください。

 ガスの元栓やコンセントなども落ち着いて処理しましょう。

3.戸はあけて出口を確保しましょう

 確実に避難できる出口を確保しましょう。建物がゆがむと戸が開きにくくなることがあります。マンションなど中高層住宅では特に重要ですので確実に行いましょう。

4.火が出たら消火しましょう

 消火器の備えやチェックはもちろん、日ごろから消火訓練を行っておきましょう。

5.避難は徒歩で、荷物は最小限のものに

 非常持ち出し品は日ごろからリュックなどに入れてひとつにまとめておき、避難時はエレベータや自動車は使用しないでください。非常持ち出し品をクリックしてください。
 電気が復旧すると転倒している電気機器から出火する恐れがあるので、ブレーカーは切っておきましょう。

6.懐中電灯は必ず身の回りに

 夜間などの停電や避難に備えて身の回りの要所要所に懐中電灯を備えておきましょう。

7.山崩れ、がけ崩れ、津波に注意しましょう

 危険のある地域では早めに避難し、救助員の指示に従って行動しましょう。

8.狭い路地や塀ぎわ、がけ、川べりなどには近づかない

 非難する時は狭い路地や塀ぎわでは瓦が落ちてきたり、ブロック塀、門柱、自動販売機など倒れてきたりするので近づかないようにしましょう。

 がけや川べりでは地盤がゆるみ、崩れやすくなっている場合があるので大変危険です。

9.正しい情報のもとに落ち着いて行動しましょう

 携帯ラジオを備えておき、デマやうわさに惑わされないよう、常に正しい情報のもとに行動しましょう。

10.避難時はみんなで協力して助け合いましょう

 お年寄りや体の不自由な人、負傷者などに声をかけ、みんなで助け合いましょう。初期消火などもみんなが協力して行いましょう。