浸水の危険があるときは、早めに避難しましょう。

地上が冠水すると一気に水が流れ込んできます

換気口・採光窓など、思わぬところから水が流れ込んでくることがあります。

地下室では外の様子が判りません

普段から危険性を把握し、気象情報への注意が必要です。

浸水すると電灯が消えます

エレベーターは使えません。

水圧でドアが開かなくなります

避難する時期を失わないことが大切です。