これらの簡易水防工法は、小規模水災で水深の浅い初期の段階で行うものであり、避難の時期を失わないことが大切です。

ごみ袋による簡易水のう工法

家庭用ごみ袋に水を入れ、土のうの代替として使用します。40リットル程度の容量のごみ袋を2重にし、半分程度水を入れて、隙間なく並べて使用します。
ただし、2段重ねができないので10センチメートル程度の水深が限界です。水を入れたごみ袋を、段ボール箱に入れて並べると、ごみ袋だけの場合に比べ、強度が増し、積み重ねることもできます。

ポリタンクとレジャーシートによる工法

10リットルまたは20リットルのポリタンクに水を入れ、レジャーシートで巻き込み、連結して使用します。

プランターとレジャーシートによる工法

土を入れたプランターをレジャーシートで巻き込み、連結して使用します。

止水板による工法

長めの板などを使用し、出入り口の浸水を防ぎます。

吸水性ゲル水のうによる工法

土のうの代用として使用できる市販の吸水性ゲル水のうで浸水を防ぎます。
その他、事務用ロッカー、テーブル、畳などで水の進入を防ぐこともできます。