• 冠水した道は非常に危険です。高所で救助を待ちましょう。
  • どうしても移動しなければならない場合、水面下はどんな危険が潜んでいるか分からないので、長い棒を杖代わりにして安全を確認しながら歩きましょう。
  • 裸足、長靴は禁物。ひもでしめられる運動靴が良いでしょう。
  • はぐれないようにお互いの身体をロープで結んで避難しましょう。特に子どもから目を離さないように。
  • お年寄りや身体の不自由な人は背負いましょう。幼児は浮き袋、乳児はベビーバスを利用して安全を確保して避難しましょう。