平成17年3月20日に発生した福岡県西方沖地震(マグニチュード7.0)では、コンクリートブロック塀の倒壊事例が多く発生し、その結果、1人の人が亡くなりました。また、過去に発生した地震でもブロック塀の倒壊が原因で多数の死者や負傷者が発生しています。
 みなさんの身近にあるブロック塀は、見かけはしっかりしていても安全性に欠けるものがあります。
 この地震をきっかけに「たかがブロック塀」などと安易に考えることなく、身近なブロック塀の点検をしてみましょう。

ブロック塀の点検自己診断

 次の5つのチェックポイントを確認してください。

塀に鉄筋は入っていますか

 塀の中に、直径9ミリメートルの鉄筋が次のように入っているか調べてください。この点検は、壁を造った施工者などと相談して行ってください。

  • 鉄筋は、縦横ともに80センチメートル間隔に入っていますか
  • 縦筋は頂部の横筋にかぎがけされていますか
  • 基礎の下側の横筋にかぎがけされていますか
  • 控壁は適正に入っていますか

塀の傾き、ひび割れはないですか

 塀が傾いていたり、ひび割れていたりしていませんか。また、鉄筋がさびていないか調べてください。

塀の高さが高すぎていませんか

 塀の高さは、地盤面から2メートル以下か調べてみてください。

基礎あり、根入れの深さは十分ですか

 鉄筋コンクリートの基礎は、地盤面から30センチメートル以上の根入れがされていることが必要。
(注)根入れとは、基礎のうち土の中に入っている部分のことをいいます。

控壁はありますか

控壁は次の2点について調べてみてください。

  • 控壁は塀の長さ3.4メートル(ブロック塀8個程度)ごとにありますか
  • 控壁の長さは40センチメートル以上ありますか

ブロック塀は個人の財産です

 ブロック塀は、プライバシーの確保、防犯、防火など、私たちの暮らしを守る重要な役割を果たしますが、地震などによる災害時には倒壊や落下など命を脅かす危険なものへと変わってしまう場合があります。不特定多数の人々が通行する道路、通学路、避難路などの道路に面するブロック塀は特にその安全確保が求められます。法に定められた建築の基準を守り、安全、安心に暮らせるまちづくりを目指し、所有者の責任で管理しましょう。

 自己診断のパンフレットを見る場合は、次の自己診断チェックポイントをクリックしてください。

点検自己診断チェックポイント [2014KB pdfファイル]

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader