119番通報受信の共同運用がはじまります

粕屋北部消防本部を含む福岡都市圏の5消防本部では、平成29年11月28日切り替え予定で119番通報を福岡市災害救急指令センターで受信する「福岡都市圏消防共同指令センター」の運用を開始します。

運用開始により、各消防本部の指令センターが一本化されます。

 

共同指令センターの効果

119番通報の受信を一本化することで、次のような機能の向上が期待されます。

「大規模災害時における迅速な広域応援体制の構築」

「119番通報集中時の受信・処理能力の向上」

 

119番通報の方法は変わりません

消防車や救急車もこれまで同様、粕屋北部消防署および新宮分署から出動します。

 

福岡都市圏消防共同指令センター

14市町で運用開始し、将来的に福岡都市圏17市町での運用となります。

運用開始時の構成

粕屋北部消防本部(新宮町・古賀市)

福岡市消防局(福岡市)

粕屋南部消防本部(粕屋町・志免町・須恵町・宇美町・篠栗町・久山町)

宗像地区消防本部(宗像市・福津市)

春日・大野城・那珂川消防本部(春日市・大野城市・那珂川町)

将来的に加わる2消防本部

筑紫野太宰府消防組合消防本部(筑紫野市・太宰府市)

糸島市消防本部(糸島市)

 

問い合わせ先

粕屋北部消防本部(総務課) 電話:092-944-0020

また、新宮町広報誌「Active新宮11月号(平成29年10月25日発行)」にも掲載を予定しています。 

 

 

共同運用イメージ図