犯罪被害は、ある日突然、理不尽に、誰にでも起こりうることです。

 犯罪被害にあった人、そのご家族やご遺族が犯罪により受けた被害などから回復し、再び平穏に過ごせるようになるためには、地域の皆さんのご理解、ご配慮、ご協力が大切です。

犯罪被害にあうと

 犯罪被害にあった人、そのご家族やご遺族は命を奪われる、家族を失う、けがをする、物を盗まれるなどの生命、身体、財産上の直接的な被害だけでなく、様々な問題に直面することがあります。例えば、次のような問題が考えられます。

  • 精神的なショックや身体の不調
  • 医療費の負担や失職などによる経済的困窮
  • うわさ話などによるストレス・不快感
  • 捜査や裁判の過程における精神的・時間的負担

必要な支援とは

必要な支援とは 犯罪被害にあった人の心情を尊重し、地域社会や関係機関がそれぞれできることを行い、社会全体で犯罪被害にあった人を支援することが大切です。

犯罪被害にあったときの相談窓口

 次の「犯罪被害にあってしまったら(相談窓口)」をクリックしてください。

犯罪被害にあってしまったら(相談窓口)