新宮町まちづくり活動支援団体として登録した団体が、まちづくり活動の中で取り組む1事業に要する経費の一部を助成します。

 

助成対象事業

 助成対象となる事業は、登録団体が実施する次の1から6のいずれにも該当する事業です。

  1. 公共性または公益性が認められる事業
  2. 地域振興または地域課題の解決に資すると認められる事業
  3. 継続性または町民への広がりが期待できる事業
  4. 町民対象または町民参画型の事業
  5. 町関係課との情報交換または協議等が行われている事業
  6. 他の補助金等を受けていない事業

 

助成対象経費

 助成対象となる経費は、助成対象事業に要する表中の経費です。 

区分 助成対象となる経費

報償費

講習会等の講師謝礼等

旅費

調査・研修に参加する団体の構成員の旅費

需用費

消耗品費・燃料費・印刷製本費等

役務費

郵送費・通信費・保険料等

使用料・賃借料

会場使用料・機材借上料・バス借上料等

備品購入費 事業の実施に当たり、直接必要と認められる備品

(注)ただし、高額なものは内容を審査し、次の1から3の条件を付します。

  1. 備品の管理台帳を整備し、適正に管理すること。
  2. 支援団体に該当しなくなったときの備品の処分については、町の指示するところによること。
  3. 助成金の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供しようとする場合は、町長の承認を受けなければならない。
負担金

研修の受講に要する受講料、授業料、教材費等

その他 助成することが特に必要・適当であると認められる経費

(注)ただし、次に該当する経費は、助成対象となりません。

  • 助成団体の構成員に対する報酬、謝金、賃金、手当等その他これらに類する経費
  • 定例的、内部的な活動に付随する経費
  • 慶弔費、寄付金、他団体の会費、接待費、記念品代などの交際費
  • 食事代、飲料代などの食糧費
  • その他助成することが不必要・不適当であると認められる経費

 

助成金の額等

 助成金は、予算の範囲内で20万円を限度とします。
 助成期間は、年度単位で1事業につき通算3か年を限度とします。
(注)助成団体の選考および助成金額は、「新宮町まちづくり活動選考委員会」で選考の上決定します。

 

申請方法

 助成金を申請しようとする団体は、次の1から5の申請書類を役場地域協働課に提出してください。

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader

  1. 新宮町まちづくり活動助成金申請書(様式第3号) [47KB pdfファイル] 
  2. 事業計画書 [35KB pdfファイル]  
  3. 収支予算書 [56KB pdfファイル]  
  4. 収支決算書 [63KB pdfファイル]  
  5. その他関係書類

 

募集期間

 4月初旬

 

選考・審査について

 「新宮町まちづくり活動選考委員会」で申請内容の審査を行います。
申請団体には、4月の中・下旬に開催する選考委員会で、申請内容等を説明(プレゼンテーション)していただきます。説明していただいた内容をもとに、選考基準により総合的に選考・審査します。

 

選考基準

 「新宮町まちづくり活動選考委員会」では、次の5つの審査項目について各委員が審査します。 

項目 選考基準

公益性

特定の個人や団体のみが利益を受けることなく、町民に有益なものであるか。町のまちづくりに寄与するものであるか。

効果性

目的や課題が明確かつ適正であり、課題の解決に関して成果が期待できるか。また、地域の活性化につながり、町民が満足できるものであるか。

発展性

助成終了後も自立し、継続した活動が行われ、町民への広がりや発展が期待できるものであるか。

実現性

事業を確実に実施するための実施体制は十分であるか。また、事業の内容、見込まれる成果を勘案して、妥当な事業費であるか。

協働性

町民の意見を聴いたり、事業やその成果を広く知らせたりなど、町民が事業に参加する機会を設けているか。また、他の組織との連携が図られているか。