成年年齢引き下げ後の成人式について

民法の一部改正により、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

これを受け、令和5年以降の新宮町成人式の対象者について検討した結果、これまでどおり20歳の人を対象として式典を開催することといたします。

 成人式の対象年齢を20歳とする主な理由

1. 18歳を対象として式典を開催する場合、対象者の多くが高校生で、受験や就職準備などの今後の進路を決める重要な時期と重なり、時間的な余裕が少なく、またご家庭への経済的負担も大きくなるため。

2. 18歳から20歳までの3学年を対象とした場合、開催会場の確保や企画運営等が困難となる可能性があるため。

3. 民法上での成年年齢は18歳に引き下げられるものの、飲酒や喫煙などは認められず、20歳を迎えることですべての年齢制限がなくなり、自立した社会人としての区切りとなるため。

 その他

今後の成人式名称や日程・詳細等については、決定次第、町ホームページや広報誌等でお知らせいたします。