補助金の額=補助単価×補助対象延長になります。

補助単価

住宅の場合

工事費1メートル当たりの単価×3分の2(限度額2,000円)

(注)植裁の撤去費等は含みません。

住宅以外の場合

工事費1メートル当たりの単価×2分の1(限度額1,500円)

(注)植裁の撤去費等は含みません。

補助対象延長

公衆用道路に面して3メートル以上の生け垣を行う場合の延長

(注)1メートル未満は四捨五入とします。

補助金の額

限度額300,000円

(注)1,000円未満は切り捨てとします。

 工事費1メートル当たりの単価が3,000円を超えるものについては、3,000円が補助単価の限度となりますので、住宅はその3分の2(2,000円)、住宅以外はその2分の1(1,500円)となり、補助限度額は300,000円とします。
 なお、工事費1メートル当たりの単価が3,000円未満の場合は、住宅は実費の3分の2、住宅以外は2分の1となります。
 この場合において、1,000円未満の端数は切り捨てるものとします。また、取り壊し費用は含みません。