広告物には次のような規制がかかります。

禁止地域

 九州縦貫自動車道及び九州横断自動車道の両側500メートル未満の範囲にある地域

禁止物件

 次に掲げる物件には、広告物は表示できません。

    1. 橋、トンネル、高架構造物及び分離帯
    2. 古墳及び墓地
    3. 街路樹、路傍樹及び保存樹
    4. 銅像及び記念碑
    5. 電話ボックス・公衆便所及び郵便ポスト
    6. 信号機、道路標識、道路の防護柵及びカーブミラー
    7. 街路灯及び電柱(はり紙、はり札および立看板のみ禁止)

許可地域

 次に示す地域、場所で、広告物を表示するためには、許可が必要です。

    1. 町の区域
    2. 都市計画法の規定により定められた風致地区
    3. 文化財保護法により指定された国指定の史跡、名勝天然記念物の地域
    4. 森林法により指定された風致保安林
    5. 国又は地方公共団体が管理する公園、緑地及び運動場
    6. 官公署及び学校の敷地内
    7. 知事が指定する道路から500メートル以内の地域
    8. 九州縦貫自動車道及び九州横断自動車道の両側500メートル以上1,000メートル未満の範囲にある地域
    9. 前述以外の地域でも、鉄道、軌道から展望することを目的とした広告物を設置するときは、許可が必要です。