共通事項

よくある質問1

郵送する書類は、郵便ではなく宅配便でも構わないのでしょうか?また、複数の業種を希望し送付する場合は、ひとつにまとめて送付しても構わないでしょうか?

回答1

書類の送付は、宅配便でも構いません。また、複数の業種をまとめて送付されることについても可能です。ただし、提出する書類は重複する書類があっても複数分を用意してください。

よくある質問2

二つの業種(建設工事と物品など)を申請する場合などは、重複する提出書類や返信用封筒は一部でよいのでしょうか?

回答2

各業種ごとに書類は整理し、審査もしますのでご面倒でしょうが、それぞれ準備してください。

よくある質問3

申請書や誓約書に押印する印鑑は、支店の使用印でよいのですか?

回答3

どちらも押印する印鑑は、本社の印鑑で実印又は使用印で構いませんが、おなじものを使用してください。

よくある質問4

申請データの中で第1希望と第2希望の業種とありますが、登録後に変更はできるのでしょうか?

回答4

原則として変更はできませんので、どの業種を主体で営業されているかを十分検討のうえ、記入してください。

よくある質問5

提出書類を郵送したあと、受け取りの確認が必要なのですが、何を用意すればよいのでしょうか?

回答5

受領票と返信用封筒又は、返信用はがきを同封していただければ、受付印を押して返送いたします。なお、提出書類で準備していただく返信用封筒は、後日登録確認通知書を送付するものですので間違いのないようにお願いします。

よくある質問6

福岡市内の業者ですが、市税の過去においても未納のない証明書とは、どの欄にどのような記載があるものを用意すればよいのでしょうか?

回答6

福岡市税の場合は、「その他の証明」の欄に何日現在において滞納がないことを証明する記載が明記されているものを用意してください。他の欄の金額等の記載は不要です。

よくある質問7

平均実績高とは何でしょうか?

回答7

当該登録を希望する業種に関する直近2年平均の実績高を入力してください。

よくある質問8

一番最初の入力項目は誰の名前を入れるのでしょうか?

回答8

登録業務の担当者を入力してください。

よくある質問9

税の未納のない証明とは何でしょうか?

回答9

税の未納のない証明書を発行していない自治体である場合は、直近2年分の納税証明書を提出してください。

よくある質問10

測量・コンサル業務において登録が任意となっている業種で申請を行なう場合、証明書等の添付は不要でしょうか?

回答10

当該業務を行なうに当たって、許可や登録が必須となっている業種については証明書等の添付が必要ですが、許可や登録が必須となっていない業種については証明書等の添付は不要です。

 

建設工事

よくある質問1

ふくおかネット申請で建設業の許可番号について、許可番号の前の数字は、何を入力すればよいのでしょうか?

回答1

建設業の許可年度を入力してください。(建設業許可の証明書等を参考に入力してください。)

よくある質問2

下水道管渠の更生工事は、自治体によって違いますが、どの建設業種を選択すればよいのでしょうか?

回答2

本町の下水道管渠の更生工事は、土木一式工事の業種としております。よって土木一式を選択してください。

よくある質問3

水道設備の工事店ですが、道路等に埋設する配水管の布設工事の建設業種は、どの業種を選択すればよいのでしょうか?

回答3

配水管の布設工事については、水道施設を選択してください。

よくある質問4

建設工事で委任(契約)先があるのですが、本社と建設業の許可を受けている工種が違うのですが、「ふくおか電子申請サービス」ではどちらを入力すればよいのでしょうか?

回答4

建設業の許可業種については、本社で許可を受けている工種のすべてを入力してください。ただし、希望業種は委任(契約)先が許可を受けている工種を入力してください。

よくある質問5

建設業許可通知書では不可である理由は何でしょうか?

回答5

建設業の許可については、5年間有効とされています。建設業許可の処分があった時に通知書が発行されますが、古いものでは数年前の通知書であることが考えられます。そのため、現況を確認させていただくことを目的として、許可証明書の提出をお願いしています。