「農地転用」とは、農地を農地以外のものにすることで、具体的には住宅、工場などの施設の用地や駐車場や資材置場にし、農地を耕作できない状態にする行為です。
「農地転用」
を行うには、県知事の許可(市街化区域にあっては町農業委員会への届出)が必要です。
 また、農地に切土、盛土を行った後、そのまま農地として使用する場合でも、許可または届出が必要です。
 農地の転用を許可を受けずに無断で行うと、農地法違反となり、工事中止や原状回復などの命令が下ったり、罰金・罰則が科せられます。