都市計画マスタープランとは

 都市計画マスタープランとは、都市計画法第18条の2に定める「市町村の都市計画に関する基本的な方針」のことです。まちづくりに対する住民ニーズの多様化や地域ごとの個別課題に対応するため、市町村が主体となり地域の実情に応じたまちづくりの方針を定めるものです。

 この都市計画マスタープランの内容は都市全体および各地域における土地利用と都市施設の整備方針を定めるもので、今後の都市計画の決定・変更または運営にあたっての指針となります。

新宮町都市計画マスタープラン(令和3年3月改定)

新宮町では、これまでの都市計画マスタープランの基本的な考え方を継承しつつ、上位計画に対応した見直しや都市計画の進捗を踏まえ、令和3年3月に改定を行ないました。

詳細は次のPDFファイルをクリックしてご覧ください。役場窓口で冊子版の閲覧もできます。

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader

(注)容量が非常に大きいため、パソコンの環境によってはダウンロードに大変時間がかかる場合があります。

表紙・目次・第1章 はじめに [7159KB pdfファイル] 
第2章 新宮町の都市整備に関する現況と課題 [8759KB pdfファイル]  
第3章 全体構想 [5524KB pdfファイル] 
第4章 地域別構想 [4697KB pdfファイル] 
第5章 計画の推進にあたり [1910KB pdfファイル] 
参考資料 [2992KB pdfファイル] 

 

冊子版の閲覧

閲覧窓口

新宮町役場都市整備課(別館1階)

電話:092-963-1735(直通)

閲覧時間:月曜日から金曜日までの8時30分から17時00分まで(祝休日・役場閉庁時を除く) 

(注)冊子版の販売は行なっておりません。