国土利用計画法の届出制度とは

 土地の投機的取引や地価高騰を抑制し、適正かつ合理的な土地利用を図るためのものです。

 下記に掲げる大規模な土地取引を行う際に届出が必要です。

 

届出が必要な土地取引

 1.都市計画法による市街化区域  2,000平方メートル以上

 2.1以外の都市計画区域      5,000平方メートル以上

 3.都市計画区域以外の地域    10,000平方メートル以上

 

届出に必要な書類(正副2部提出してください)

 1.位置図(土地の位置を明らかにした縮尺5万分の1以上の地形図)

 2.周辺状況図(土地およびその付近の状況を明らかにした縮尺5千分の1以上の図面)

 3.形状図(土地の形状を明らかにした図面)

 4.契約書の写しまたはこれに代わるその他の書類

 5.(様式)土地売買等届出書 [60KB xlsファイル] 

 6.委任状等(届出に関する代理権限を委任された場合、これを証明する書面)

 

提出先

 新宮町役場都市整備課窓口

 

 届出がされた土地について利用目的等の審査が行われます。

 届出をしなかった場合は罰せられますので、注意してください。

 詳しくは、次の「福岡県のホームページ(土地の売買をしたときは)」を参照してください。

 福岡県のホームページ(土地の売買をしたときは)(別ウィンドウで開きます)