新宮町のまちづくりに対する住民のみなさんの意向や意見を聴くため、平成21年の春に実施した住民意識調査の結果がまとまりましたので、その概要をお知らせします。調査結果は、平成22年度中に策定する「第5次新宮町総合計画」に取り入れていきます。
 今回のアンケートで、住民から町政に対する評価が出されました。今後の課題として出てきた施策の点検、評価を行い、一人でも多くの住民が日々の生活で満足できるまちづくりを進めていくことが求められています。
 そのためには、住民と行政が一体となり、改めて住民の立場で施策を見直すパートナーシップの構築を行い、協働のまちづくりを実践していくことが重要になります。

アンケートの実施方法

調査時期

平成21年2月

調査対象

20歳以上の町内居住者から無作為に選出した約3,000人と各種団体などから選出した約500人

回収率

57.1パーセント

アンケート回答者の内訳グラフ