開発行為等指導要綱とは

 新宮町の未来に向かってより豊かな住み良い郷土を築くため、事業者による開発行為等に関連する公共・公益施設の整備基準を定めることにより、無秩序な宅地開発を防止し、良好な住環境の創造と自然環境の保全を図るとともに、町の健全な発展と住民福祉の向上に寄与することを目的として新宮町開発行為等指導要綱(以下「指導要綱」という。)を定め、昭和56年4月1日から運用しています。