制度の概要

 日常生活に常時特別の介護を必要とする、20歳以上の在宅重度障がい者に対して手当が支給されます。

対象者

 20歳以上の在宅重度障がい者で一定の基準に該当する人。ただし、社会福祉施設に入所している人および病院または診療所に3か月を越えて入院している人は支給されません。また、本人及び扶養義務者の所得により給付の制限があります。

必要書類

  1. 認定請求書
  2. 認定診断書
  3. 障害児福祉手当所得状況届
  4. 承諾書
  5. 債権者登録申出書
  6. 世帯全員の住民票
  7. 身体障害者手帳のコピー