制度の概要

 在宅で介護を要する重症心身障がい者に対し、心身機能の維持向上を図るとともに、その介護者の身体的、精神的負担を軽減することを目的とします。事業の内容は、養護、絵画や折り紙等の創作的活動、給食サービスなどです。利用にあたっては、創作的活動の原材料などや給食サービスの実費について費用負担があります。

対象者

  1. 町内に居住する在宅の重症心身障がい者とする。
  2. 次に該当する人は、対象外となります。
  • 感染症を有し、他の者に感染させるおそれのある人。
  • 疾病などにより、医療機関に入院し治療を受ける必要がある人。
  • その他この事業の対象者として適当でないと認められる人。

必要書類

  1. 在宅重症心身障害者通所事業利用(変更)申請書
  2. 在宅重症心身障害者通所事業利用可否意見書
  3. 確約書