サービス利用者本人およびその世帯等の所得(負担能力)に応じて、原則として利用したサービスの定率1割を負担していただくことになります。
 ただし、所得に応じて、ある一定金額以上の負担を求めない「月額負担上限」が設定されています。