制度の概要

 身体障がい者・身体障がい児が手帳の交付を受けることにより、各種の援護措置および福祉サービスを受けることができます。手帳には障がいの程度によって1級から6級まであります。
 また、運賃割引などの種別として1種と2種があります。

対象者

 視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語機能、そしゃく機能、肢体不自由、内部(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこうまたは直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能、肝臓)に一定の障がいがある人。

申請方法、必要書類

次のものを持参し、役場健康福祉課窓口で申請してください。

  1. 身体障害者手帳交付申請書 (役場健康福祉課窓口にあります)
  2. 印鑑
  3. 写真(縦4センチメートル、横3センチメートルで最近1年以内に撮影した、胸から上、無帽のもの)
  4. 身体障害者診断書・意見書 ※必ず身体障害者福祉法第15条の指定を受けた医師に依頼してください。
  5. 個人番号がわかるもの(個人番号カードなど)

 

このような場合にも手続きが必要です

障がいの程度が変わったときや新たな障がいが加わったとき、再認定を受けるとき

 次のものを持参し、役場健康福祉課窓口で申請してください。

  1. 身体障害者手帳再交付申請書 (役場健康福祉課窓口にあります)
  2. 印鑑
  3. 写真(縦4センチメートル、横3センチメートルで最近1年以内に撮影した、胸から上、無帽のもの)
  4. 身体障害者診断書・意見書 ※必ず身体障害者福祉法第15条の指定を受けた医師に依頼してください。
  5. 個人番号がわかるもの(個人番号カードなど)
  6. 現在お持ちの身体障害者手帳
住所が変わったとき

 次のものを持参し、役場健康福祉課窓口で申請してください。

  1. 身体障害者居住地等変更届書 (役場健康福祉課窓口にあります)
  2. 印鑑 
  3. 個人番号がわかるもの(個人番号カードなど)
  4. 現在お持ちの身体障害者手帳
氏名が変わったとき

 次のものを持参し、役場健康福祉課窓口で申請してください。

  1. 身体障害者居住地等変更届書 (役場健康福祉課窓口にあります)
  2. 印鑑 
  3. 個人番号がわかるもの(個人番号カードなど)
  4. 現在お持ちの身体障害者手帳
  5. 写真(縦4センチメートル、横3センチメートルで最近1年以内に撮影した、胸から上、無帽のもの)
手帳を紛失または破損したとき

 次のものを持参し、役場健康福祉課窓口で申請してください。

  1. 身体障害者手帳再交付請書 (役場健康福祉課窓口にあります)
  2. 印鑑 
  3. 個人番号がわかるもの(個人番号カードなど)
  4. 現在お持ちの身体障害者手帳 (破損の場合のみ)
  5. 写真(縦4センチメートル、横3センチメートルで最近1年以内に撮影した、胸から上、無帽のもの)
死亡されたときや障がい程度が非該当になったとき

役場健康福祉課窓口に手帳を返還してください。

 

 申請等の様式

申請書や診断書の様式は次の「福岡県ホームページ申請様式」をご確認ください。

福岡県ホームページ申請様式(外部リンクが開きます)