制度の概要

 在宅の要援護高齢者や障がい者、またはその人と同居する世帯に対し、高齢者等に配慮した住宅改造をするための資金を助成します。対象となる住宅改造は、玄関、廊下、階段、居室、浴室、便所、洗面所、台所等在宅の高齢者等が利用する部分に関するもので、当該高齢者等の自立を促し、日常生活の利便を図り、もしくは介護者の負担が軽減される改造とします。

対象者

 新宮町内に住所を有し、1及び2に該当する人

  1. 次のいずれかに該当する人と同居中又は同居しようとする人
    • 要介護認定において、要支援1、2又は要介護認定を受けている人で新宮町福祉サービス調整チーム、住宅改造アドバイザーまたは、地域包括支援センターのいずれかが住宅改造を必要と認めた人
    • 身体障がい者(身体障害者手帳の1級又は2級に該当する者)で新宮町福祉サービス調整チーム、住宅改造アドバイザーまたは、地域包括支援センターのいずれかが住宅改造を必要と認めた人
    • 知的障がい者(療育手帳の交付を受け、障がいの程度Aに該当する者)
    • 重複障がい者(児童相談所等の判定又は診断により知的指数50以下と認められ、かつ、身体障害者手帳の3級に該当する者)
  2. 当該世帯生計中心者の住民税及び前年度所得税課税年額が非課税の世帯に属する人

必要書類

 高齢者等住宅改造費助成金交付申請書、印鑑、通帳

 

その他

  • 添付書類として見積書の写し、平面図及び改造を要する部分の写真、住宅改造承諾書(借家、間借の場合)
  • 申請者は助成対象事業が完了したときには、工事完了届出書に次の書類を添付して新宮町役場健康福祉課へ報告してください。
    • 請求書の写し
    • 完了工事内訳書
    • 改造した部分の写真