感染症予防のための外出自粛やマスク着用が習慣となっている今、熱中症予防対策が例年以上に大切です。

気温が上がり始める今の季節は、暑さに体を慣らしていく時期ですが、外出自粛で暑さに慣れる機会も減っています。また、マスクを着けていることで体内に熱がこもりやすく、のどの渇きも感じにくくなっています。その上、マスクをしていることにより、水分補給も少なくなりがちです。熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが有効です。

令和2年度の熱中症予防行動

環境省・厚生労働省による、熱中症予防に関する新型コロナウイルス感染症対策が示されました。

(1)扇風機やエアコンをうまく活用したり、涼しい服装で過ごすなどして、暑さを避けましょう
(2)適宜マスクをはずしましょう
(3)のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう
(4)日頃から健康管理をしましょう
(5)暑さに備えた体づくりをしましょう

詳しくは、次のPDFファイルをご覧ください。

令和2年度の熱中症予防行動 [720KB pdfファイル] 

また、上記に加えて例年同様、バランスの良い食事と十分な睡眠をとることも大切です。

熱中症の症状は、発熱や倦怠感など新型コロナウイルス感染症の症状に似ている上に、失神など重症化することもあります。加えて、新型コロナウイルスの対応で緊迫している医療機関にさらなる影響を及ぼすことが心配されます。今年は、例年以上に熱中症予防に気を付けましょう。

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader