令和2年4月1日(水曜日)から日常生活用具の給付対象種目に人工内耳体外装置を追加しますので、お知らせします。

種目

  人工内耳体外装置

性能形式等

 障がい者(児)が容易に使用し得るもの 

対象者

人工内耳埋込手術を受けている聴覚障がい者であって、現に使用している体外装置が5年以上経過している者(ただし、医療保険や民間保険等が適用される場合を除く)

基準額

 300,000円(両耳の場合は600,000円)

耐用年数

  5年