高齢者が健康で、生きがいあふれ、安心して暮らせるまちづくりを目指して、「新宮町高齢者保健福祉計画」を策定しました。

計画の目的

 将来にわたって、新宮町の高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしく、生きがいを持ち、一人一人の能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、高齢者と高齢者を取り巻く地域の実情や特性などを反映させながら、サービス提供体制の実現につなげていく計画です。

計画の位置付け

 高齢者福祉計画は、老人福祉法第20条の8の規定に基づく、すべての高齢者を対象とした保健福祉事業全般に関する総合計画です。

計画の期間

 平成28年度(2016年度)から平成30年度(2018年度)までの3か年計画です。

主体と役割

 本計画の推進に当たっては、行政、町民、行政区、社会福祉協議会、老人クラブ、ボランティア団体、シルバー人材センター、民間事業者、NPOなどが主体となり、それぞれの役割を果たしながら、力を合わせて活動していくことを必要としています。

計画書

 新宮町高齢者保健福祉計画 [11341KB pdfファイル] 

 新宮町高齢者保健福祉計画(概要版) [992KB pdfファイル] 

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)