平成27年5月19日、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の患者が県内で初めて確認されました。

 SFTSの主な感染原因は、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることとされています。

(注)すべてのマダニがこのウイルスを持っているわけではありません。また、このほかにも、マダニが媒介する感染症には、日本紅斑熱やライム病が知られています。

 

 マダニは春から秋にかけて活動が活発になります。次のリンク先「福岡県ホームページ マダニによる感染症に注意しましょう」、「国立感染症研究所ホームページ マダニ対策、今できること」で取得できるパンフレットを参考に、感染を予防しましょう。(マダニの予防法はツツガムシにより感染するつつが虫病の予防にも有効です。)

 

 

・福岡県ホームページ

  「マダニによる感染症に注意しましょう」

・国立感染症研究所ホームページ

  「マダニ対策、今できること」