対象

 新宮町内に住所を有し、平成29年4月1日時点で3歳から5歳までの私立幼稚園に通う幼児
(注)所得の状況によっては、交付対象外になることがあります。

 

補助金の交付

年2回(10月と3月)に分けて、幼稚園に交付します。

補助金額に応じての保育料・入園料の一部減免などについては、幼稚園に問い合わせてください。

 

平成29年度の補助金額

1人につき年額6万2,200円から最大30万8,000円まで。

 

補助限度額

階層区分

第1子

第2子 

第3子 

第1階層

(生活保護世帯)

 308,000円

308,000円

 308,000円

第2階層

(町民税または所得割非課税世帯)

 272,000円

 308,000円

 308,000円

第2階層のうち ひとり親世帯等

 308,000円

308,000円

 308,000円

第3階層

  139,200円

  223,000円

 308,000円

第3階層のうち  ひとり親世帯等

 272,000円

 308,000円

 308,000円

第4階層

62,200円

 185,000円

 308,000円

階層外

 対象外(0円) 

 154,000円

 308,000円

 

世帯の市町村民税所得割により、階層が決定します。

ご自分がどの階層に該当するかは、次の「第3階層・第4階層早見表」をご覧ください。

ひとり親世帯等該当の有無など、詳しくは役場学校教育課にお尋ねください。

(注1)市町村民税所得割額は、世帯の合計額です。住宅借入金特別控除を受けている場合は、その市町村民税分を合算する必要があります。
(注2)年度途中の入退園や転出入の場合は、在園月数などに応じた額になります。
(注3)実際の保育料支払額が上記の限度額を下回る場合は、支払額を限度とします。 

 

 

第3階層・第4階層早見表

上記補助金額の表中、第3階層・第4階層・階層外を判定するには次の早見表をご覧ください。

 

    <早見表の見方> 

    ・Aの額以下の場合・・・第3階層

  ・Aの額より多く、Bの額以下の場合・・・第4階層

  ・Bより多い額の場合・・・階層外

 

19歳未満の扶養親族の数

 市町村民税所得割額基準額

(平成10年1月2日以降生まれ)

16歳未満

16歳以上

A

B

19歳未満

(平成13年1月2日から

平成28年12月31日生まれ)

(平成10年1月2日から

平成13年1月1日生まれ)

  0人  

0人

0人

34,500

171,600

1人

1人

0人

55,800

191,400

2人

1人

1人

66,900

198,600

2人

0人

77,100

211,200

3人

1人

2人

78,000

205,800

2人

1人

88,200

218,400

3人

0人

98,400

231,000

4人

1人

3人

89,100

213,000

2人

2人

99,300

225,600

3人

1人

109,500

238,200

4人

0人

119,700

250,800

5人

1人

4人

100,200

220,200

2人

3人

110,400

232,800

3人

2人

120,600

245,400

4人

1人

130,800

258,000

5人

0人

141,000

270,600

 

 こちらもご覧ください

 保護者へ配布している案内文書です。

補助額認定フローチャート [161KB pdfファイル] 

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader

申込方法

申込時期 

毎年6月
(注)途中で転入などした人は、随時、幼稚園を通して申し込みできます。

申込先 

私立幼稚園

提出する書類 

保育料等減免措置に関する調書(園から配布)

添付する書類(該当者のみ) 

申請する年の1月2日以降に転入した人は、補助金の基準となる課税状況が新宮町では把握できませんので、前住所地での所得課税証明を調書に添付してください。

(注)父母両方の所得課税証明書が必要です。

手続きのイメージ