実施日

毎週月曜日から金曜日まで
(注)祝休日を除く

時間

8時30分から17時00分まで

場所

シーオーレ新宮健康福祉課

(注)役場健康福祉課でも交付はできますが、できるだけ保健師が交付させていただきたいので、シーオーレ新宮健康福祉課へ届け出てください。

持ってくるもの

  1. 産院で発行された新宮町用の妊娠届出書、または産院が発行した妊娠証明書

 (注)どちらも無くても交付することはできます。

    (注)産院で発行された新宮町用の妊娠届出書は、新宮町近郊の産院で発行しています。新宮町近郊以外の産院を受診した人は、健康福祉課窓口での記入となります。
    (注)新宮町用の「妊娠届出書」は、約20項目のアンケートも含まれています。プリントアウトが可能な人はダウンロードをし、自宅で記入してください。 次の新宮町用「妊娠届出書」をクリックしてください。

     新宮町用「妊娠届出書」 [340KB pdfファイル] 

2.申請者の個人番号カードまたは通知カード

3.官公署発行の顔写真付きの書類(運転免許証、旅券など)

4.経産婦の人は、可能であれば、兄姉の母子健康手帳

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader 

代理届出する場合は

原則、妊娠した人が届け出を行いますが、来庁することが難しい場合は代理の人が届け出ることもできます。

事前に、シーオーレ新宮健康福祉課へ問い合わせください。

母子健康手帳の内容

お母さんの妊娠・出産に関する健康記録と子どもの6歳までの成長や予防接種の内容が記録できる手帳です。母子健康手帳は、市町村によって表紙や大きさはさまざまですが、内容は全国共通です。妊婦健診や外出の時は持参しましょう。

妊娠中の体重

妊婦健診時に測定する体重を母子健康手帳のグラフにつけ、体重管理の目安にしましょう。妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を予防するために、体重管理は大切です。
毎月2回開催している乳幼児相談(事前予約が必要)では、貧血や体重管理に関する食事について助産師、保健師、栄養士が相談に応じます。

妊娠中の歯  

妊娠中や産後は歯のトラブルが起こりがちです。体調が安定する妊娠中期ごろになったら、1度歯科健診を受けて口の中を点検しておきましょう。

なお、母子健康手帳には、歯科健診結果を記録するページがあります。産後は赤ちゃんの世話で受診が難しくなるので、治療が必要な場合はお産の前に済ませておきましょう。母子手帳交付時に配布した歯科健診指導・相談カードもぜひご利用ください。