子ども発達支援センターってどんなところ

相談

ことばや行動面などの子どもの発達について、相談を受けています。

個別療育

それぞれの子どもに応じた教材を用意し、遊びの中からやりとりする力を育てます。また、発音指導も行っています。

集団療育(ことばの教室)

小集団での活動を行う中で、聴く力、共感する力を育てます。(運動遊び、リズム遊び、手先を使った製作など)

検査

聴力検査、発達検査、構音検査を行っています。

園・学校訪問

保育園や幼稚園、小中学校への訪問の中で、発達検査や教育相談を行っています。

こんなことが心配だったら、まずご相談ください

なかなかおしゃべりしない

2歳すぎても意味のあることばを話さない。声を出すことが少ない。

ひどく落ち着きがない

ひとつの遊びに集中できない。物から物へと動きが激しい。

きこえているかしら

後ろから名前を呼んでも振り向かない。電話やチャイムの音に反応しない。

話しかけている内容がわかっていないみたい

「だれ」「どこ」など簡単な問いかけに応答できない。オウム返しに質問を繰り返す。

いつもひとりで遊んでいる

大人が関わろうとしても知らん顔をする。一緒に遊べない。絵本の読み聞かせも興味がなく、自分で次々とページをめくるだけ。

同じ遊びばかりを繰り返している

くるくる回す、ぺらぺらめくる、一列に並べるなどを繰り返す。ほかの遊びに誘っても興味を示さない。

呼びかけても反応がない

音には反応するが、呼びかけても応答がない。視線が合うことが少ない。

正しく発音できない

3歳頃ははっきりしない音があっても気にする必要はありません。5歳前後でも治らなければ相談しましょう。

対象

新宮町内に住んでいる子ども

場所

新宮町ボランティアセンター

スタッフ

言語聴覚士、保育士、作業療法士、医師