平成25年度より子宮頸がん予防ワクチンが定期予防接種に加わったことにより、平成25年4月当初、中学1年生相当の女子に子宮頸がん予防ワクチン接種のお知らせをお送りしていました。

 しかしながら、子宮頸がん予防ワクチン接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できないと思われる持続的な痛みなどを訴える事例が各地で報告されたため、6月14日付けで、厚生労働省より「子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしない」という勧告が出されましたので、町でも同様の取り扱いとしました。

 ただし、今後の接種については、対象者は従来どおり定期予防接種として行えますが、接種を受ける本人及び保護者が、予防接種を受ける有効性と副作用が起こるリスクを十分に理解したうえで受けてください。

 詳しくは、下記の厚生労働省のホームページをクリックしてください(別のウィンドウが開きます)。

 厚生労働省のホームページ