排水設備とは、家庭からの汚水(台所・風呂場・洗濯場・水洗トイレ・手洗い場などから出る汚れた水)を直接公共下水道に排出するための施設ですのことです。

  • 排水設備の設置費用(宅地内から公道に埋設する公共ますへ接続するまでを含む)は、個人負担になります。
  • 負担する人は、原則として建築物の所有者になります。

汲み取り便所は、3年以内に

くみ取り便所は、下水道が使用できるようになった日から3年以内に水洗トイレに改造することが義務付けられています。

浄化槽は速やかに

処理区域内では、し尿浄化槽を使用されている家庭でも、公共下水道への接続工事をしていただくことになります。

排水設備の設置費用は

 一般家庭の水洗トイレへの改造などに伴う排水設備の設置に要する費用は、標準的には40万円から50万円程度です。ただし、土地の状況、便器の種類及び個数、器具の種類、水道配管状況や各家庭の住宅条件によって工事の費用は、増減します。

排水設備の工事の手順

 水洗トイレなどの改造工事については、安心できる工事の遂行および工事価格の適正化を図るために、新宮町が指定した下水道指定工事店が施工し、新宮町が完了検査をするようになっていますので、「下水道指定工事店」を選定すると、工事にともなう申請書類の作成や届出などの手続きの一切を代行します。

工事は必ず『指定工事店』でお願いします。