公害とは、環境基本法で定められている大気汚染・水質汚濁・土壌汚染・騒音・振動・地盤沈下・悪臭によって、人の健康や生活環境に係る被害が生じることをいいます。このうち、騒音・振動および悪臭について、特定建設作業や特定施設の設置届の受付や検査の権限が町へ委任されています。