特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)により、対象家電製品となるエアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機の6品目については、小売業者が収集運搬し、製造業者がリサイクルを行うという、それぞれの役割分担のもとに、ごみの減量と再資源化を図ることになっています。

 排出する際には、「収集運搬料金」と「再商品化等料金」の支払いが必要です。金額は、小売業者へお問い合わせください。

 (注)小売業者には、家電量販店などの家電小売店や通信販売の業者のほか、中古品であっても販売した者が引き取り義務を負うことになるため、中古家電製品を取り扱う古物商、リサイクルショップや質屋もなども含まれます。

 

買い替えの場合

 新品を購入する小売業者へ引き取りを依頼してください。

 (注)買い替え先の小売業者には、同種の対象家電製品の引き取りを求められた際に、引き取り義務が生じます。

購入店がわかっている場合

 購入した小売業者に連絡して引き取りを依頼してください。

 (注)販売店に引き取り義務があります。

上記以外の場合(小売業者が遠方または不明な場合)

 町内の場合、次の家電量販店にお問い合わせください。

 ベスト電器 新宮店 電話:092-963-5115 

 ヤマダ電機 テックランド新宮店 電話:092-941-7731

家電リサイクルの対象にならないもの

 家電リサイクル品目の対象外のものを処理する場合は、販売店などに引き取ってもらう、または、「分別収集ごみ」や「粗大ごみ」として処理してください。

対象外品目

  • 携帯可能な液晶テレビ(車載用を含む。電源として一次電池または蓄電池を使用するもの。)
  • 浴室テレビ、キッチンテレビ(建築物に組み込むことができるように設計したもの)
  • テレビ受信機能が付いた携帯電話・カーナビ
  • チューナーが付いていないディスプレイモニター
  • 衣類乾燥機能が付いた布団乾燥機・換気扇・除湿機
  • テレビ台や置き台など
  • 業務用のもの