分別収集の前日に、業者が各ステーションにコンテナやコンテナにかけるプレート、集計表入りのクリアーバックなどを運び、シートをかけています。回収は業者が翌日に行います。

分別収集が始まる前に

  • 小道具ボックスを保管している世話人さんはステーションへ持参する。
  • シートを外し、コンテナを組み立てて並べ、プレートを番号順にかける。
  • 世話人の腕章をつける。
  • 担当するコンテナを決める。

分別収集が始まったら

  • 区分通り出されているか、注意点は守られているかを確認し、指導する。
  • 家電6品目や収集しないごみなど、分別収集に出せないものは持ち帰ってもらう。
  • コンテナが8分目(乾電池は5分目)程度になったら、コンテナを置き換える
  • 缶やペットボトル、発泡スチロールはそれぞれ袋に入れる。
    コンテナイラスト

分別収集が終わったら

  • 集計表に各品目のコンテナと袋数を記入し、クリアーバックにいれる。
  • コンテナと袋にはブルーシートを掛け、ゴムバンドで縛る。  
  • ゴムバンドにプレートの裏面の「きけん!!」を掛ける。
  • クリアーバックは、ブルーシートの下に入れ込んでおく。
  • 小道具ボックスを保管する世話人は自宅又は保管場所に保管する。